【クリエイター編】RPGツクールMVが重い時の対処法!原因、実はアレなんです!

RPGツクールMVは以前のツクールシリーズに比べてずいぶんと重いですよね。

頻繁にロード画面が表示されたり、画面がカクカクしたり。

「ロード画面はもう見飽きたよ」って人も多いのでは?

重さのせいでMV製ゲームを避けたり

最後までプレイしてもらえない事もしばしば。

そんな作品にならないための方法、ご紹介いたします!

キャラチップが動くと、と~っても重い!

こんな事しながら検証してます。なんだか笑えてくる。

よく見かける光景として

「大きな街のマップに入った途端に動きがカクカクする」

その一方、カクカクしないマップもありますよね。

この差ってなんなのでしょう。

それはズバリ

「キャラチップの動きの量」です!

イベントの量や、それに伴い作動する

スイッチや変数も原因として挙げられますが、

最も多く陥りやすいのはキャラチップによるものだと思います。

よく考えてみればそりゃあそうだ。

動くルートの取得、向きや位置の変更、足踏みアニメ等々…

これらを一斉に行って、重くないわけがない!

そもそも、画像が動くと重いんです!

サイドビューだとキャラまで動きますからね。

キャラチップに限らず、画像のアニメーション自体が重い。

戦闘時のアニメーションとか、ピクチャの移動や回転とか。

特に、キャラやスキルのアニメーションが

いっぱい動く戦闘シーンは重くなります。

更には敵グラフィックや背景などの読み込みも加わり、

戦闘開始直前は頻繁にロード画面が現れます。

(戦闘は他にも様々な処理が行われるので一概には言えないんですけどね)

アニメーションは便利な演出ですが、そのぶん負担は高いんですね。

スイッチや変数も重い!

イベント出現条件を操作の度に確認しているのです。

スイッチや変数を操作するとめちゃくちゃ重くなります。

その理由としては

スイッチや変数の操作後にイベントの出現条件を再定義しているから!

初期だとページ1のイベントを出してるけど

出現条件のスイッチが動いたからページ2に変えるよ~、っていうアレです。

なんせ、イベントの最後じゃなく途中にスイッチ操作を入れても

操作した時点で即座にページが切り替わりますからね。

しかも、操作したイベントだけでなく他のイベントまで。

スイッチや変数が操作された時点で

「イベント1は1ページ、イベント2も1ページ、

イベント3は・・・おや、切り替えが必要だな」

なんてやってたら重くないわけがないのです。

実は並列処理は重くない。

並列処理の中身がこんなのだと重いんです。

RPGツクールMVの重さの原因としてよく語られるのが

「並列処理は重い」

でも実は並列処理、重くないんです!

並列処理の中にある物が重いだけです。

スイッチや変数の操作などが組み込まれる事が多く、

前述のとおり、それらは非常に重いです。

並列処理は条件を満たす限りずーっと動いていますから、

重さが余計に目立つだけなんですね。

なので、スイッチや変数を使わず軽い並列処理のイベントなら

実はそこまで重くない、という事なのです。

プラグインの重さは物による。

重くなるからってなーんにも入れないのも悲しいよね。

「プラグインを組み込むと重くなる」なんていう話も。

それに関してはぶっちゃけ「物による」

多種多様なプラグインを一列に語る事など不可能なわけで。

中には処理を軽くするプラグインを公表してくれている方もいるくらいですからね。

プラグインを入れたら急に重くなった、

なんて時は疑ったほうがいいでしょうが、

入れる前から神経質になる程の事はないと思います。

おわりに

これらで分かるように、

RPGツクールMVでゲームを作ると大体何やっても重いんです。

画像もスイッチも無しで作る、なんて事が無い限り非常に重いんです。

かと言って、開き直って全く気にしないのも考え物。

作品によって対処は違ってくるので「こうしたらいい」は載せませんでしたが、

アナタの素敵な作品制作の力になれれば幸いです。