WordPress(ワードプレス)でのホームページ制作方法!~始め方とその手順~

WordPress(ワードプレス)でホームページを作りたい!

と思っても、何から始めるのかピンと来ない人も多いと思います。

「何が必要なの?」

「難しそう」

そんな方々のために、

WordPressでホームページを制作する手順をまとめてみました!

サーバーをレンタルしよう!

ホームページを公開するためには、

まずはサーバーをレンタルする必要があります。

ホームページなどの制作した物をサーバーにアップロードする事で

初めて他者の閲覧が可能になるのです。

レンタルで契約する事になるのですが、

契約するサーバーによってホームページの表示速度が変わったり

機能や保持できる容量に差があります。

当然契約の際の値段も変わってくるので、どこを選ぶかはケースバイケース。

中にはこちらのConoHa WING様のように

サーバー契約するとドメインも一緒についてくる、なんて所も。

(ドメインについては後述します。)

他にもワードプレス最適化サーバー様のように

WordPressに特化したサーバーもあり、非常におすすめです。

表示が遅いとそれだけでページを離れてしまう人が多いので

速度は重要視して見ていくべきかと思います。

値段重視で安く済ませたい方には

無料お試し期間もあり、月額150円~のリトルサーバー様もオススメです。

920円の初期費用こそ必要ですが、

月額150円のプランの他にも195円、250円など

安価なプランが数多く揃っているのは魅力的です。

ドメインの取得をしよう!

サーバーを取得したらお次はドメインです。

ドメインとはネット上の住所のようなものです。

https:~から始まるアレです。

これが無いとアナタのページに他者が来る事ができません

種類にもよりますが、大体1年1000円くらいで使用できます。

それを過ぎると更新料が発生しますが、そこまで高額でない物が多いです。

ここのお名前.com様が大手で信頼できるためオススメです。

ここからドメイン名として使いたい文字列を入力し、

.comや.jpなどのドメインの種類(トップレベルドメインと言います)

を設定して検索してみましょう。

こんな感じの検索バーに使いたい文字列を打ち込んでみましょう!

ちなみに、トップレベルドメインは種類によって値段、更新料が違いますが

どれを選んでもそこまで大きな差は発生しません。

私は空いていたのでメジャーな.comで取得しました。

もし使いたい文字列が既に取得されて使えない場合は

トップレベルドメインを別の物に変えてみるのも一つの手ですね。

その後は登録年数や支払情報の記入などをすればいいのですが、

ここで一つ注意点があります!

それは必ず「Whois情報公開代行」にチェックを入れる事!

なんと、これにチェックを入れないと

アナタの大事な個人情報が公開されてしまうのです!

なんと恐ろしい・・・

しかもドメイン取得後に公開代行を頼むと有料になってしまうのです!

(ドメイン取得時なら無料)

個人情報をあえて公開したい場合は別ですが、必ずチェックを入れるようにしましょう。

サーバーとドメインを紐づけよう!

これでサーバー、ドメインの2つが揃いましたね。

でも、このままだと結びついておらずバラバラの状態です。

ここからサーバー側、ドメイン側の両方で

紐づけという作業を行う必要があります。

まずはサーバー側から以下の2つを探してください。

  • ネームサーバーが表示される箇所
  • ドメインを入力する箇所

管理画面とか情報とか、そのあたりの箇所にあると思います。

契約したサーバーにより入力箇所が違うため具体的な方法は出せませんが、

割と目立つ所にあるケースが殆どです。

探し出せたら、ドメインを入力する箇所に取得したドメインを打ち込み、

ネームサーバーはお名前.comのほうに以下の手順で紐づけます。

お名前.comのトップページの右上に

「お名前.com Navi」というのがあると思います。

そこから、ドメイン取得時に送付されてきたメールに記載されたIDと

設定したパスワードを入力してログインします。

ログインできたら下記画像左下の「ドメイン一覧」に行きます。

そこから「ネームサーバー」を選択し、

「その他」を選びます。

その表示された部分にサーバー側で表示される

ネームサーバーを入れればOKです。

このサーバー側へのドメイン打ち込み、

ドメイン側へのネームサーバー打ち込みが終了すれば

晴れて紐づけの完了となります!

WordPressを始めよう!

終わりが見えてきましたよ!

紐づけが終われば、ついにWordPress本体の導入です!

契約したサーバーによっては、

サーバー側からWordPressのインストール画面へ進める事があるので

見つけた場合はそこからサクッとインストールしちゃってください。

もし無ければ本体をここからダウンロードしましょう!

ダウンロード | WordPress.org 日本語

こうすればついに自分のホームページの出来上がりです!

ちなみに「ワードプレス」とかで検索すると

WordPress.comというのが無料と謳って表示される時がありますが、

どうやら拡張性に乏しく使い勝手が悪いようです。

デザインに凝るなら.orgのほうからダウンロードしたいですね。

独自SSL設定を行おう!

「WordPressにログインできるようになったし、もう完成でしょ?」

すみません!もう少しだけお付き合いください!

セキュリティ強化のためにSSL設定という物を行う必要があるのです。

これを行っていなくても動くのは動くのですが、

SSL設定をするとサイトの情報が暗号化され

第三者に情報が盗まれてしまう危険性があるのです!

暗号化するとは言っても、正規の手段でサイトを訪問してくれた人には

サイトはしっかり表示されますよ。

さて、そのSSL設定の方法ですが、サーバー側から行う事ができます。

サーバーによって場所は違いますが、

「SSL設定」などの文字が書かれた部分がどこかにあると思います。

そこからSSL化ができると思うので、

サーバー側の指示に従って行ってください。

SSL化自体はこれで完了なのですが、実はなんと

SSL化を行った事でサイトURLが変わってます!

とはいえ「http」から「https」に変わっただけなんですけどね。

なので、ちょっとだけWordPressでの再設定が必要になります。

WordPress側から「設定」→「一般」へと進んで

WordPressアドレスやサイトアドレスを「http」から「https」に変更するだけ。

これだけです。

これでSSL設定は終了です!お疲れ様でした!

テーマを使ってカスタマイズ!

これにて晴れてホームページは完成!

なのですが、初期のままでは少し味気ないのでテーマを使ってみましょう。

テーマはデザインの骨格のようなもので、

導入すればそれだけでキレイなデザインに仕上がる優れものです。

WordPressの管理画面から公開されている公式のものに加え、

有志の方々が制作してくれている物も多数ありますので

好みに合った物を使ってみてくださいね。

導入方法は各テーマのダウンロードサイトのほうに記載されているケースが殆どです。

ちなみにこのページはLuxeritasというテーマを使用して制作しております。

ホームページ完成!

お疲れ様です!これでホームページは完成です!

この後は様々な機能を追加できる「プラグイン」をインストールしたり

外観を始めとした細かいカスタマイズを行ったり。

どのくらいの訪問者がいるのかを

GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールなどのツールで調べたり。

素敵なホームページに仕上げてくださいね!