最新記事

ゴリラの知能はどれくらい賢いの?【ゴリラ】

こんにちは。ちふりんです。

毎月6日はゴリラ記事!

今回は「ゴリラはどのくらい賢いのか?」について。

人間は動物の中では飛び抜けて高い知能を持ちます。

なら、遺伝子的に人間に近いゴリラも高い知能があってもおかしくないはず。

ゴリラの知能、どれくらいなのでしょう!

人間とゴリラは遺伝子が殆ど同じ!?

生物の遺伝子であるDNA

ゴリラと人間ではどれくらい一致しているのでしょう。

一番DNAが人間と近いのはチンパンジーと言われています。

研究結果によりばらつきはありますが、95~99%ほどは人間と同じだというのです!

じゃあゴリラはどうなの?って所ですが、

チンパンジーと同等、もしくはゴリラのほうが高いかもしれないという程

人間と似ているという事なのだそうです!

まだ遺伝子研究は発展途上の分野なので正確な事はまだ分かっていませんが、

少なくともゴリラと人間は遺伝子的には殆ど同じと思ってよさそうです。

人間と会話ができるゴリラがいた!

そんな遺伝子的に人間と殆ど変わらないゴリラ。

ゴリラも言葉は発しないながらも身振り手振りで会話をし、

群れの仲間と意思疎通をしているのです。

ならば。

人間にもジェスチャーや手話など、言葉を発しない会話はあります。

それを使いゴリラと人間で会話ができるのではないか?

そう考え、実践した例があるのです。

ココとパターソン博士


ココ―ゴリラと子ネコの物語 (あかね・新えほんシリーズ)

有名なのが1974年生まれのメスのゴリラ、ココ。

本名はハナビコといい日本語が由来です。

そういう意味では日本と縁があるゴリラですね。

幼い頃にフランシーヌ・パターソン博士と出会い、

英語を聞き言葉を覚え、手話で会話をするというココ。

手話として表現する単語はなんと2000語を超えるそうです!

読んでもらった絵本からネコを気に入り、

「ボール」という名のネコと共に暮らしていました。

まさに人間の子供が親にペットをねだるのと同じですね。

ココはボールに深い愛情を持って接していたようで、

ボールが交通事故で亡くなってしまった際は大声で泣いたそうです。

それ以降は死生観をはじめとした哲学的な事も表現し、

死んだ後に行く場所について「苦痛のない 穴に さようなら」と答えています。

そんなココですが、2018年、6月19日に亡くなってしまったそうです。

ココは本当に苦痛のない穴へと行ってしまったのでしょうか。

ココに関してはこれらから詳しく知る事ができるので、興味のある方はいかがでしょうか。

koko.org

しかも!なんとココの音楽CDまで発売されているんだそうですよ!

これを聴きながらココに想いを寄せてみては?


Koko – Fine Animal Gorilla

おわりに

どうでしょう?だんだん人間とゴリラの境目が分からなくなってきませんか?

もしかすると少し違えばゴリラは人間だったのかもしれませんね。

いつかゴリラと普通に会話できる日が、来るのかもしれませんよ。

ちせ
ちせ
いつかゴリラの進化が進んで人間を超える時も来るのかもね。